ゲイリーマンのBlog

日常の雑記や自身の人生経験、ジャンルに囚われずゆるーく更新中

中学卒業(失恋)〜高校生活

こんばんは

当ブログを閲覧して頂きありがとうございます。

 

前回の続き

高校生活から振り返っていきます。

 

中学を卒業し高校に進学

それに伴って、頻繁に

連絡していた片思いの友人とは

違う進路に進むことになりました

 

『違う高校に進んでも親友や』

と言われて嬉しくて

これからも別の高校にいる彼と

定期的に連絡しながら

新しい生活をスタートする!

…そう思っていたのですが、

ここで人生初の大きな失恋を迎えます

 

彼は超進学高校

僕は特待の進学クラスでは

あったものの自由な校風の

学校に進みました

それを相手の親から

疎まれていたようです

 

ある日、彼の家に電話した時に

『もう連絡しないで下さい』

と突然彼の親に言われました

 

目の前が、頭が真っ白になり

『えっ?なんでですか?』

と聞きました。すると彼の親から

 

『タカユキとあなたでは

進む道が違うのよ。』

と言われたのです。

(何年か後にそのことは

本人は知らなかったと言われました)

 

それを言われて、

友達でさえもいられなくなった絶望感

 

そしてそれが今となっては

失恋だと解釈出来るのですが

当時の自分は性的にも不安定で

それを失恋と解釈出来ずに

ひたすら落ち込んでいました

 

恋愛とは男性と女性がするもの

よって、僕が彼に抱いてる気持ちは

恋愛ではなく、友情。

友情を失うってこんなに辛いんだ

 

そう解釈して、新たな高校生活を

迎えながらも納得できなかったり

なんか俺って頭おかしいのかなぁ

と思ってたのを覚えています

とても辛かったなぁ

 

そういった悩みも

彼とシェアして解消してきた僕は

誰にもその気持ちを相談できず

ただただ自問自答していました

 

そうして迎えた高校生活は

とても辛く、学校に通うのも憂鬱に

なっていました

 

その時、高校で

ユウキくんとゆう

新しい友達が出来ました

 

その子は家がものの3分くらいの

距離に住んでいて

学区が違ったので中学は別

高校が一緒だったので

自然と一緒に帰る機会が増えました。