ゲイリーマンのBlog

日常の雑記や自身の人生経験、ジャンルに囚われずゆるーく更新中

歪(いびつ)な家族関係

どーも!僕です

いつも僕の拙いブログを読んで頂き

ありがとうございます!😌✨

 

『#おうち時間』が話題になってますね

皆様はどんなおうち時間をお過ごしですか?

 

僕の自宅もようやく自炊許可が

降りて最近は家で料理をしたりして

食べられるようになりました

 

昨日作って、今日も食べたカレーも

Twitterに上げてみました

彼氏が作ってくれたのですが

もちろん美味しかったのですが

家で食べると何より『楽』でした(笑)

 

外食じゃないご飯を食べる習慣が

基本的になかったからです

 

歪(いびつ)な家庭

とゆうのも、僕は今、

僕、彼氏、彼氏の母親と3人で

一軒家に暮らしています

 

15年ほど、この生活を

送っているのだけれど

皆によく

『変わってるね』

とか

『相手の親とも暮らすって出たくないの?』

とか言われます

 

付き合った当初15年前は

自分の親にもカミングアウトしてなくて

彼氏の自宅だけが唯一

自分らしく居られる場所でした

 

彼氏のお父さんお母さんは

あまり子供に関心がなくて

2人きりで出かけたりして

彼氏はお留守番したり

彼氏単独で出かけたり

 

家族であって

家族とゆう枠のないような

自由な家

 

だから僕のことも

すぐ受け入れてくれて

『毎日来るなら住みなさいよ!』

と彼氏のお母さんに言って貰い

居候することになりました

当時は家賃2万円(全てコミコミ)

破格の値段で住ませて貰っていました

 

そんな中で守るルールが唯一あり

『お互いの生活圏を

基本的に脅かさない(おびやかさない)』

とゆうことでした

 

付き合った当時は、3LDKの

マンションに住んでいて

 

自分は彼氏と彼氏の部屋で暮らし

彼氏のお父さん、お母さんは

残りの2LDKで過ごす

 

キッチンやリビングは基本的に

彼氏の親がくつろぐスペース

 

僕と彼氏は基本ずっと外食

彼氏の部屋で2人で寝る

 

みたいな生活でした

歪(いびつ)ですよねw

でも当時は

自分らしく過ごせる唯一の場所

だったのでとても幸せに思ってたし

今でもそれはあまり変わってません

 

一戸建てに引越し

そういった暮らしを8年ほど

過ごしたある日彼氏のお父さんが

早期退職するに伴って戸建てに引越し

 

今は5LDKになった今は

二階が僕と彼氏のスペース

一階が彼氏の父、母のスペース

とゆう住み分けでそこからずっと

過ごしてきました

 

一階にはキッチンがあるので

必然的に常に外食

そうして暮らしてきました

 

また追って書きたいので

後日詳細を書くのですが

彼氏のお父さんが亡くなり

その関係は加速

キッチンには

全く立ち入れなくなりました

 

#おうち時間のおかげで

そんな歪な関係をずっと

続けてきたのですが

コロナの影響で自宅で

ご飯を食べることを許されました

 

ゆえに、本当に久しぶりに

自宅でご飯を食べるように

なったのです

 

ずっと続けてきた15年の外食生活が

思わぬタイミングで食べれるようになり

僕としては久しぶりに家族が作った

ご飯を食べれるようになった

 

コロナで自粛生活を送るに当たって

ほんの少し幸せに感じています

 

今年中にこの15年続けてきた

居候生活を引越しノンケ後輩と

シェア生活を送ろうと考えています

またそれも新たな門出になるのかなぁ…

 

そしたら、今まで15年続けてきた

歪な生活を終わらせて

普通に自分でご飯を作り

食べる生活になるのはすごく楽しみ

 

でもコロナが収束しないと

その生活をスタートさせることも

なかなか進捗が悪くて

困っていますが🦠🤔

 

憎くむべきコロナですが

僕にとっては大切な何か

考えさせられる機会でした🤔

 

今日のブログはここまで💻

 

お付き合いを頂き

ありがとうございます😊

 

1日1記事!/19記事目