ゲイリーマンのBlog

日常の雑記や自身の人生経験、ジャンルに囚われずゆるーく更新中

在宅業務の終わり・・・働き方改革after コロナ版

どーも、たかぽんです

 

6月から通常業務に戻るコトが確定しました

さよなら、在宅の1ヶ月・・・

終わるコトが確定すると

急に寂しくなりますね

 

以前ブログにもしたけれど

ニュースとか見てても

在宅ロス・逆コロナ鬱

みたいなのになる人もいるとか

「まさにその心境分かる」

と激しめに共感しますw

 

今日はそんなコトをブログにしていきます

良ければお付き合いいただけたら幸いです

 

=====目次=====

 

1・会いたい・飯いきたい

この自粛期間一ヶ月、

旦那、旦那のお母さん、愛犬以外とは

対面で会ってないw

そう思うとめちゃくちゃ真面目に

自粛してたなと思います(当たり前だけどw)

 

会いたい人達も多かったり

実際もう店舗にスタッフが出たりするので

早く会いたいなぁ

 

改めて僕は人と会って話したり

雑談したり、ふざけたりして

正気を保ってたんだな(言い方大袈裟ですがw)

と気付かさせられる

寂しいなーーー

会いたいなーーー

 

単身赴任のイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや

2・働き方改革 after コロナ

なんか経済が停滞するのは

勿論自分も困ってしまうのだけれど

このコロナを機に

本当の意味の

働き方改革=在宅の日を設ける」

などしてほしいなぁと思います

 

実際、リモートワークにした方が

効率よく仕事が出来た部分もあったので

企業にとってもメリットもあるのでは

ないかなと思ってしまう

 

資料作成など絶対必要な事務的な仕事

ってあるんですよね

 

個人的な感想・所感ですが

事務仕事は家のが

圧倒的に捗りました

成果物のクオリティも高かったし

 

また、お金の面で言えば

・交通費

・無駄な残業費

・オフィスのレンタル料金

削れるとすれば取り入れた方が

圧倒的にコスパ高いですよねー

 

現に東京で働いてる同僚は

6月も在宅で継続してやるらしいし

IT系の企業とかもニュースになってましたよね

 

業種にもよると思いますが

週に2回とかは入れてほしいなぁ

というのが僕の希望です

皆様はいかがですか?

 

f:id:fluits-clipper-t-t-t-06:20200527114816p:plain

 

3・混雑を避ける工夫

出社する際もなるべく

混雑や感染者との接触

避けていく必要が高い中で

僕が使ってるおすすめのアプリも

貼っておきます

 

・NewsDigest

NewsDigestアプリ(無料)内の下部「新型コロナ」タブ内に設置しています

◎NewsDigest 感染状況マップの特長

  • 約1700ヶ所・延べ5,000人超(7日時点)の感染事例に関連する場所の情報をピンポイントに網羅(※2)
  • 消毒されている場合は、その旨も明記
  • 情報の日付をもとに、その前後にユーザー自身がその場所に行っていないかチェック可能
  • GPS位置情報は、ユーザーが地図上で現在地周辺を確認したい時だけ、ボタンをタップすることで利用可能。ユーザーの移動履歴等が保存されない、プライバシーに配慮した仕組み

NewsDigest アプリダウンロード用URL

 

これは職場の人に教えて貰いました。

身近での感染事例がしっかり載ってて

かつ、プライバシーにも配慮されてて

どこらへんで、いつ、感染者が出たか?

がしっかり行政からの報告に基づくモノなので

情報の正確性は正しいと思います。

 

Yahoo!地図混雑レーダー

Yahoo! MAPの「混雑レーダー」、混雑状況の表示が最短20分前に ...

f:id:fluits-clipper-t-t-t-06:20200527121028p:plain

ダウンロードはこちら

 

こう見ると

三重県って

全然混雑してないな

田舎最高

と思いますよね

 

ヤフー地図からお出かけ前に

チェック出来るってのも聞いてから

入れて使ってたりします

 

あと、韓国とかタイとか海外では

感染したら、その人のGPSを国民が

シェア出来るアプリも開発されてるってのは

知ってたんですけど、遂に日本でも

導入されそうです↓↓↓

 

逆に言えば

ガラケーユーザーがコロナ情報難民みた

になってますよね・・・・

 

まとめ

最後はテレワークから少しズレましたが

・真の働き方改革(after コロナ版)

・出る上では混雑状況などのこまめなチェック

をしてより、過ごしやすい環境で

働いていきたいなと思うのでした

 

今回は以上です。

ではまた次回のブログで

お会いしましょうーーー